日本には、育児休業制度という法律があり、労働者は申し出ることによって、一定期間育児に専念するための休暇をもらうことができます。 では、一体どのくらいの期間、育児休暇をもらうことができるのでしょうか? 育児休暇の期間は、子供が1歳に達するまでの間なので、誕生日の前日までだと思ってください。 ただし、保育所になかなか入れることができない場合や親御さんが病気や怪我などで育児ができなくなった場合は、1歳6ヶ月に達するまで育児休暇を取ることができます。 育児休暇を希望通り取得するには、1ヶ月前から申請を行わないといけません。 そして、1歳6ヶ月の育児休暇を取得する場合は、休業開始予定日から2週間前に申請をしないといけないことになっています。 育児休暇は本来なら誰でも取得することができますが、まだまだ認知度が低く、会社によっては認めてくれない場合もあるようです。 また、認めてくれたとしても、嫌な顔をされたり、復帰しても居場所がないというケースも少なくありません。 誰もが安心して育児をするためにも、会社側が理解を深める必要があります。